0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

ヒメロス(指定第2類医薬品)3gx1

通常価格:¥ 3,780 税込

¥ 2,700 税込

商品コード: la001hime

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒメロス(指定第2類医薬品)

-特 徴-
「ヒメロス」は、有効成分に卵胞ホルモン(女性ホルモンの一種で、エストロゲンともいいます。)であるエチニルエストラジオールとエストラジオールを配合した医薬品です。
」 卵胞ホルモンは主に卵巣から分泌され、いわゆる「女性らしさ」や「潤い」をつかさどるホルモンです。

ところが、加齢やストレスにともない卵巣の機能が衰えますと、卵胞ホルモンの分泌も低下します。
そして、閉経期やストレスで卵胞ホルモンの分泌が急激に低下しますと、ほてりや発汗が生じたり、神経質になってイライラする、あるいは冷感症や不感症になるなど、さまざまな不定愁訴が生じます。これが婦人更年期障害です。(小山式セルフチェック参照)

また、閉経後は卵胞ホルモンがほとんど分泌されないため、性器の萎縮が生じて、性生活が困難になります。
このようなときに「ヒメロス」を塗布しますと、不足した卵胞ホルモンが補充されて、上記諸症状の改善が期待できます。

肝臓にやさしく、少量で卵胞ホルモンを皮ふから補充できることが特徴です。

-詳 細-
【効能・効果】
婦人更年期障害、冷感症、不感症、不妊症、婦人神経衰弱症

【用語の説明】
婦人更年期障害:加齢にともなう卵巣機能の衰えにより、女性ホルモンの分泌が衰えることから生じる、様々な自律神経の失調症状(のぼせ、ほてり、冷え、イライラ等)。
婦人神経衰弱症:非常に強い精神的ストレスを受けたり、偏りのある過度のダイエットや運動を続けること等により、ホルモン分泌がアンバランスになって生じる症状。

【用法・用量】
守らないと現在の症状が悪化したり副作用の起こりやすくなるおそれがあります。
次の人は使用しないこと
(1)小児、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人、授乳婦、皮ふ過敏症の人。
(2)ご使用前に本剤をチューブから3mm程度出し、水又はお湯1~2滴でよくねり、内股など皮ふのうすい所に塗り、翌日中に薬疹、発赤、かゆみ、腫れなどが現れる人。
(3)血栓症、子宮内膜症、心疾患・腎疾患のある人またはその既往歴のある人。
(4)乳房又は子宮に腫瘍がある人およびこれらのおそれがある人。
(5)家族あるいは本人に悪性腫瘍の病歴がある人。
(6)子宮筋腫のある人。
(7)糖尿病、高血圧、肝機能障害のある人。
(8)塗る所に、外傷、炎症、化膿、湿疹などがある人。
(9)月経中や、性器不正出血中の人、おりものがある人。

次の部位には使用しないこと
(1)目や目の周囲。
(2)外傷、炎症、湿疹、ただれ、化膿のひどい患部。

本剤を使用している間は、同じ成分(女性ホルモン全般)を含んだいずれの医薬品を使用しないこと
他の女性ホルモン製剤はもとより、避妊用のピルも女性ホルモンを含む製剤なので、絶対に併用しないでください。
女性ホルモンの過剰投与にともなう重篤な副作用が起こりやすくなるおそれがあります。

ピルの副作用を緩和するために本剤の併用をご検討になるお客様からお問い合わせをいただきますが、決して本剤の併用をなさらぬよう、お願い申し上げます。
ピルの副作用につきましては、ピルの種類により特徴がございますので、専門医と良くご相談になり、お客様にとって最適なピルを選択していただきますよう、強くお勧め申し上げます。

内服用に使用しないこと
本剤が出すぎた場合は、チューブに戻さないこと
避妊の目的で使用しないこと
本剤は避妊を目的とするものではありません。

(1)避妊をご希望の場合は、適切な処置を強くお願い致します。
(2)本剤のご使用により月経周期が変わる場合がありますので、オギノ式など規則的な月経周期や基礎体温を応用する避妊法は、お止めください。

【相談すること 】
次の人はご使用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)現在医師の治療を受けている人。
(2)薬や化粧品でアレルギー症状(発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、腫れなど)を起こしたことがある人。
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
次の場合は、使用を中止し、この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)使用後、次の症状が現れた場合。
*皮ふ(塗った所)… 発赤、かゆみ、かぶれ、腫れ、薬疹
*乳房 …痛み、張り
*その他… 頭痛、むくみ、悪心(むかつき、吐き気)
(2)生理の周期および月経血の様子が著しく変調した人。
(3)2週間程度使用しても症状の改善がみられない人。
(4)誤った使い方をしてしまった人。

【保管上の注意】
直射日光を避け、湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい
小児の手の届かない所に保管して下さい。
他の容器に入れかえないで下さい。(誤用や品質が変わる原因になります)。
使用期限を過ぎたものは使用しないで下さい。
本剤のついた手で、目や粘膜に触れないでください。
外用にのみ使用してください。

お問合せ先
大東製薬工業株式会社 お客様相談室
山梨県甲府市川田町字正里624番地2 (アリア207)
0120-246-717
10:00~12:00、13:00~16:00(土、日、祝祭日、弊社休業日を除く)